酒に惚れ込んだスタッフ(お酒のアトリエ吉祥)たちが醸す一期一会のブログです。

蔵元特約店吉祥 ブログ

投稿日:2012.02.21

これが明石の鯛です

前回のブログでも触れましたが、これが明石の鯛です。歯ごたえの良さについては、弾力があるというレベルを超えており、コリコリしていて、10回以上は噛まないと飲み込めないくらいです。(噛んでいる間に甘味が感じられます)奥に写っているハマチ、タコも同様です。カミさんの実家が神戸でありまして、近所にある普通の魚屋で購入していただきました。

40年生きてきた中で、私が食べた旨いものベスト3に入ります。ちなみにあとの2つは、鹿児島で頂いた首折れ鯖の刺身と山陰で頂いたモサ海老。う~ん、また食べたいけどいつ食べられるか?

DSCN3981.JPG
投稿日:2012.02.16

はじめました

 初めまして!

今年度から吉祥の一員になりました、ルーキー(?)高木です。

だいぶ経ちましたが、私もブログを始めようかなと

 

簡単に自己紹介を致しますと

東京農大の醸造科卒。大学では酒類の熟成に関する研究をしておりました。

 

私自身、農大に入ってから醸造学の素晴らしさに気づいたので、そういった部分を少しでも皆さんにお伝えしていけたらなと思いますので、よろしくお願い致します。

 

 

投稿日:2012.02.10

姫路城へ行ってきました

DSCN3951.JPG国宝又は世界文化遺産にも登録され、白鷺城の愛称でも親しまれている姫路城。只今大改築修理が行われ、工事現場を間近で見学できる施設、「天空の白鷺」がオープンしているので行ってきました。

ご覧のとおり、天守閣は足場で覆われております。

 

 

 

 

DSCN3962.JPG

最上階の屋根瓦の葺き替え工事の現場です。職人さんが一枚一枚手ではがしてから、新しい瓦をはめ込んでいきます。

 

 

 

 

 

 

DSCN3963.JPG4階の外壁です。漆喰の壁をはがし、中の骨組みも新たに組み込んでから、更に漆喰で壁を作っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3956.JPG通称「扇の勾配」と呼ばれる備前丸の高石垣。敵の侵入を防ぐため上に行くほど勾配がきつくなっています。城内にはこのようなからくりがいくつもあります。

 

 

 

 

 

 

DSCN3957.JPG

羽柴秀吉が築いたとされる石垣で、人の顔に似たような積み方ですね。遊び心でこのように造られたかどうかは不明ですが、もしそうだとしたら秀吉らしいですね。(秀吉がどのような人物かはわかりませんが)

 

 

 

 

 

DSCN3977.JPG帰りに明石に寄って、明石焼をいただきました。(地元では玉子焼と言います)数ある明石焼のお店の中でも特におすすめなのが、「たこ磯」さん。何故かといいますと、この店オリジナルのアナゴの入った明石焼があるのですが、これが旨いのです。(ほとんどはタコが入っています)

たこ焼きのようですが、それよりもフワッとしています。出汁に漬けて食べます。

 

  

 

DSCN3978.JPGたこ磯さんです。明石で有名な「魚の棚」と呼ばれる商店街の中にあります。

 

 

 

 

 

 

 

明石は本州と淡路島の狭い海峡にあり、潮流がものすごく早いのです。近隣の海水浴場が遊泳禁止になったり、潮流によりフェリーの速度が大幅に違ってくるそうです。又、大潮の時などはまるで川のように流れるので、釣りにならないようです。そんな激しい潮流にもまれて育ったタコや鯛、ハマチなどは、歯ごたえ、甘味が断然違うようです。東京へ行くとかなりの値がつくようですが、地元では普通の値段で売られているようですよ!

 

投稿日:2012.02.04

お燗酒が旨い!センター北「鶏和酎」さんにて

DSCN3942.JPG横浜市都筑区センター北にある焼鶏屋、鶏和酎(とりあえず)の矢野さん。昨年夏の純米燗酒のイベントで出合った「喜久酔」をしっかり使っていただいております。人肌燗からぬる燗くらいがいいよ!とのことです。真ん中は、吉祥オリジナルの「さぶろう純米」。冷やから熱燗まで、なんでもOKの万能選手。そして「隆 雄町特別純米」。コクのあるタイプでタレとバッチリ!

こうしてみると、けっこうバランスよく揃えているのはさすがです。お客様の好みや料理によって上手く使い分けているようです。最近お邪魔していないので、近いうちにまた行きま~す。大将、矢野さん、待っててね!

投稿日:2012.01.27

塩麹デビュー!

DSCN3937.JPG今、話題の塩麹。今更ですが、使ってみました。

まずは、鰤の塩麹漬けから。

鰤の切り身に、塩麹を塗り、ラップをして一晩冷蔵庫へ。あとはそのままグリルで焼くだけ。

心配された生臭みは全く無し!適度に塩が効き、何と言っても魚そのものの味が引き立っています。単なる塩焼きよりは旨いと思います。

まだ、勉強不足ですが、麹の酵素がたんぱく質を分解して、アミノ酸などの旨味成分が生み出される、ということなのでしょうか。

新聞、雑誌では何度も取り上げられていました。テレビでも料理番組などで放映されていました。本屋では、塩麹料理本のコーナーも目にします。

簡単で、奥が深い調味料だと思います。

 

 

 

DSCN3932.JPG

早速、雑賀さんの純米吟醸にごりとともに頂きました。粕漬け同様、こげ易いのでご注意を!

このにごり酒は、さらさらした粉雪のような印象です。炭酸ガスのシュワシュワ感と酸味が、ジュワ~ときます。落ち着いた旨味の辛口ですが、料理と合わせると抜群に旨い、食中タイプのにごり酒です。

ちなみに、柑橘系の果実を使用した料理(レモン、柚子、すだち等)などとは抜群に合います。お試し下さい、おすすめです!

雑賀純米吟醸にごり 

1800ml ¥2,600(税込¥2,730)

 720ml ¥1,300(税込¥1,365)

前の5件 12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22